アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

オススメリンク

分娩場所の選び方とは

 妊娠がわかったらどういった施設で赤ちゃんを出産するか早めに検討する必要があります。
分娩を扱う施設は、産婦人科の個人病院や総合病院のほか、助産院もあります。
 産婦人科の病院は医療機関ですので、出産時に不慮の出来事が起こった場合でも迅速に適切な処置をしてもらえます。
その一方、助産院は出産に至るまであらゆるサポートをしてくれますが、助産師は医師ではないため医学的な処置を行うとはできません。
妊娠中は誰でもいろいろなことに不安を覚えるものですが、助産院では助産師が親身になって相談に乗ってくれるとともに適切なアドバイスを与えてくれるので、精神的にとても頼りになります。
 このように、病院と助産院ではそれぞれにメリットデメリットがありますので、どちらが自分に合っているかをよく考えてから選ぶようにしましょう。

出産をめぐる費用について

妊娠をして出産するまでに、さまざまな費用がかかります。
もっとも高くつくのは分娩費用ですが、そのほかにも数回にわたる健診費用、マタニティ用品の費用、出産準備用品の費用などその他諸々の費用も合わせるとトータルで平均50万円から100万円ほどかかります。
 これらの費用は、出産場所をどこに選ぶかによって大きく変わってきます。
産婦人科の個人病院では、その病室のほとんどが個室で、豪華な食事やエステなどさまざまな付加価値をつけたサービスを行っているところが多く、その費用もかなり高くなってきます。
総合病院はそういった病院よりも安くなっており、助産院ではさらにその費用は安くなりますので、金額面を重視するならよくその金額を調べて検討する必要があるでしょう。